小学校受験に着ていく服装で失敗しないお受験スーツ

“小学校受験の主役を子どもと考えるのはあまりに短絡的です。もちろん、子どもの将来に関わることですからすべてのことは我が子のためと捉えて当然でありますが、受験というイベントに望む場合は、その考え方は一旦忘れておいたほうが賢明です。実は小学校受験では親の態度が見られていることが多くあります。受験がある小学校は私立ですので、相手方も商売という要素があります。子どもの能力だけでなく、学費の支払い能力や、何かトラブルがあったときにしっかりと対応をし、解決策を話し合える親であるかどうかを面接官は観察しています。服装や立ち振舞に少しでも不快な印象があると、それがそのまま子どもの合否に繋がります。まずはその場に適した清潔な服装で小学校受験に同行するということを心がけておきましょう。

好印象を与えられるスーツ選びとは

清潔で清楚なスーツを着ることはまず、第一前提として挙げられます。ファッション系の専門学校でもないかぎりは奇抜な服装は控えるべきといえます。しかし、ただそれだけでは面接官に「この親の子なら教育したい」と思わせるまでの動機にはなりません。まず、自分に似合っているかどうかをチェックするべきです。多くの人がスーツならば良いだろうと安易に考えてしまいがちです。普段からスーツを着た仕事をしている人ならば良いのですが、めったに来ない人が身にまとうと、どうしても急に仕立てあげた感じがして浮いてしまいます。女性の方の場合は髪型やお化粧の濃さなども合わせて観察をしておくべきです。学校にとって悪い印象であるのは、自己主張の激しい親です。モンスターペアレントと間違われないためにも落ち着いたスーツを着こなしましょう。

学校と親の関係はビジネスのようなもの

綺麗なスーツを着こなすに越したことはありませんが、あまりに高級なブランド服を選んで、その出で立ちが子どもより目立っている場合は逆効果になる可能性があります。そのような親は、子どものことより自分のことを優先させる人間性ではないかと面接官に懸念を与えてしまいます。普段からスーツを着ている人は、あえて普段着るものと変わらないものを選ぶという方法もあります。あくまで子どもの受験でありますから、親が必要以上にでしゃばる必要はありません。受験に望む姿勢としてはビジネスでの契約、または営業と考えたほうが良いでしょう。教育における道徳観念を一度取っ払い、自分の子どもを売り込むという意味合いで捉えておけば、おのずとどのような身なりや態度で、学校側と接すれば良いのかが見えてきます。”

入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 小学校受験を合格させたいなら伸芽会!