小学校受験に成功する秘訣を解説します

“現代では受験も多岐にわたり、良い環境で学ばせたいと小学校から我が子を受験させようと考えている親御さんも多くいます。しかし、小学校受験は高校や大学とは異なり、点数を獲得して合格するものではありません。そのため、評価対象がよくわからず、受験のためにどのような勉強をさせると良いのか、対策や準備をしたら良いのか分からない人も多いでしょう。小学校での受験は、頭の良さだけではなく、これから学校生活を送るうえで必要なスキルを確かめる場所でもあります。なので、話を聞いて自分で考える力、周りの友達と仲良く過ごしていく協調性など、勉強以外の試験対策も必要です。今回は、そんな小学校受験に対して、どのようなポイントが大切なのか、そのためにどのような対策をすれば良いのか、などを解説していきます。

相手の話を聞いて考える力が大切

小学校受験では、相手の話を聞いた上で、自分で考える力が大切になります。特に、ペーパーテストや行動テストでは、試験監督の話をしっかりと聞くことができているか、テストの指示を理解しているか、などが試されているのです。このような力を育てるためには、普段から親子の間でしっかりとした会話を行うことが大切です。子どもの好奇心は旺盛なため、様々な事柄に対して質問をしてきます。そのような時に、適当な事を教えるのではなく、しっかりと話をしてあげることが大切です。また、本の読み聞かせなどを行い、様々な文章に慣れ親しむこともいいでしょう。考えるという事柄に対しては、子どもたちは自分の体験を通して考える力を身に着けていきます。言葉での知識はもちろんのこと、実際に疑問を体験させてあげることで、子どもの考える力は育っていきます。

小学校受験で大切な協調性や社会性とは

小学校受験を頑張る子ども達の年代といえば、好奇心が旺盛で、喜怒哀楽の感情が豊富な時期だといえるでしょう。しかし、小学校に入学してからは、学校や社会のルール、マナーを守ることが大切になっていきます。自分の感情を率直に伝えるのではなく、状況に応じて、わがままを言わない、我慢をするなども大切です。本来であれば、このような社会性や協調性は小学校の中で学んでいくものですが、小学校の受験を考えている子どもたちであれば、そうはいきません。このようなスキルは入学前、受験時には取得しておくことが必要になります。子どもたちには普段からルールやマナーをしっかりと教え、してもいいこと、してはいけないことの区別をはっきりとさせておくことが大事です。子どもらしさを残しつつ大人のようにルールを守る、この要素が小学校受験には必須のスキルです。”