小学校受験前に親がしてはいけないNG行動を解説します

“小学校受験を控えた家族というものは、なにかとそわそわしたり、緊張したり、不安になってしまうものです。親子で一生懸命受験に向かって取り組んできたのならなおさら失敗したくないという思いが大きくなってしまうものです。親が緊張していたり、不安に思ってしまうと、それが子供にも伝わってしまいます。緊張感は時には必要なものですが、過剰に感じてしまうとストレスになったり、本来の力が発揮できないという事態にもなりかねません。受験を控えた子供に親がやってしまいがちなNG行動を、解説を交えてみてみましょう。受験を控えた今から、してはいけないNG行動を心にとめておけばお子さんにいらぬストレスを与えるのを防ぐことができます。子供も親も楽しんで受験勉強ができることが一番大切なことです。

ネガティブな発言を言い聞かせていませんか?

小学校受験の準備はお子さんが幼稚園、保育園の時期から始まっています。まだ受験のことをしっかりと理解できていないかもしれませんし、親と一緒に取り組んでいることが嬉しいと感じているだけかもしれません。親に注目されていること、難しいことに一緒に挑戦していること、これは子供にとって大きな喜びです。しかし、親にとっては大事な受験勉強であり、将来を決める一大事で遊んでいるわけではありません。この気持ちのズレが時に親のいら立ちを生み、子供にネガティブな言葉を投げかけるきっかけになります。こんなことでは受験に勝てない、これではダメ、あの学校に行けなくなる、などと言っていませんか?ない、ダメ、ではなく、こうしたらできるよ、こうしたらいいよ、という逆の言い方を使うようにしましょう。

競争ではなくて自分との戦いです

小学校受験ドラマの定番のテーマといえばほかの親子との確執です。これはほとんど親だけの問題になりますが、あの子に負ける、などという考えは早々に捨てるべきです。戦うべきは自分自身であってほかの子たちと勝った負けたではないのです。頑張っているのは自分のお子さんなのですからその子だけを見て尊敬し、協力し、手助けを最大限してあげましょう。頭の中が受験だらけになってしまうのも親の困ったところです。子供にも息抜きは必要です。受験前だからこそ一緒に遊ぶ機会をもっと作ってあげてください。絶対に落ちてはいけない、という発言や雰囲気も子供には重圧です。なるべくリラックスできるように受験は一つのイベントでうまくいったらいいことがある、と感じる程度で十分です。自分が頑張って乗り越えて、お母さんが喜んでくれるのが子供にとって素晴らしい経験になるのですから。”